じゅとログ ホーム » スマホアプリ関連 »【メルカリ】知っておかないとヤバい!?メルカリの暗黙のルール

【メルカリ】知っておかないとヤバい!?メルカリの暗黙のルール  

覚えておいたほうが良いメルカリ用語・仕様をまとめてみました






知っておかないとディスられる!?メルカリの暗黙のルール

メルカリ初心者は知ってるはずもないし普通にやってしまう「えぇ!?」と思ってしまう
暗黙のルールをいくつか紹介します。



評価「普通」をつけると文句を言われる


知恵袋やgoogleでの回答者でもよく見かける「良い評価をXXX回普通評価無しの者です」という自己紹介。
質問サイトではその自己紹介だと2つ評価でベテランなんだなーという印象ですがメルカリ内では
この評価が結構複雑になっています。

評価は以下の3段階あります。
「良い」「普通」「悪い」


一般的に考え「特に良いとかいうわけでもなく普通だし普通評価つけとこう ポチッ」
メルカリ歴長い方「普通評価付けられた!初心者だからわかってない!最悪!こいつともう取引したくない」

これほど考えの違いがあるようです。

「え、どういうこと?」

メルカリでは以下の意味が暗黙のルールなようです。
「良い」・・・普通の取引が出来た&とてもよかった
「普通」・・・悪かった&不安があった等
「悪い」・・・ありえない&論外
という意味だそうです。

いやいや一部の人だけでしょって思い調べてみたところ本当でした。

いろんな方のプロフィールを見てみたら普通をつけられた理由を愚痴愚痴書いてある方も居ました。
例:相手が超初心者だったからつけられた。私は普通どおりやったし悪くない...etc


見えない相手との金銭やりとりなのでやはり評価を気にする方が多いのでしょう。
自分も実際初めての購入の時に取引相手に「購入履歴がないんだけど本当に大丈夫なの?」と聞かれた事があります。
評価社会のアプリともいえます。

なので特に何もなければ評価は「良い」を付けるのが無難です。
もちろん自分は「良い」と思わないと思えば他の評価を付けても構いませんし自分次第です。
ただし過剰に気にする方もいらっしゃるので取引メッセージの方か評価コメントに理由を添えるのも良いでしょう。









即購入禁止


メルカリは購入を即座に決めることが可能ですがやりとりを絶対したいと言う方も少なからずいます。
そういう方は「即購入禁止」と記入しています。
購入する際はコメントの方で「購入希望です」との一言をしなくてはなりません。









専用作りますor立てます


「専用」って何?なんのこと?
コメントで購入希望をした方専用の商品出品ページを作ることです。
よく複数の商品の写真を載せて購入者に選ばせ、選んだ商品+購入者名専用って立てることが多いです。
専用なのでもちろん取引成立した方以外は購入してはなりません。
(メルカリのルール上ではこの行為は違反らしいです)








挙げたもの以外にもいくつかありますが殆どが「マイルール」となります。
例:コメント返さない人とは取引しない。

マイルールを作るのは悪くはありませんがメルカリ上のルールとしてマイルールが存在しても
取引が進んでなければ応じなければならないというのがあります。
いくらコメントを返してほしいor不安だとあっても取引を進行しなければなりません。
止むを得ない状況であれば運営に問い合わせて取引を停止することは可能です。

暗黙のルール、マイ(独自)ルール、運営公式ルールと大きくずれてる面もあり複雑です。
でもやはり使用者達のルールに流れるのが一番何事もなく無難でしょう。


注意として、他のオークションや出品サイトに同時出品してる商品もメルカリには少なからずあります。
商品説明をしっかり読むことをオススメします。




これからはじめる方


関連記事に登録の手順の記事があります、困ったら見てください。
招待コード「FMNZTB」を登録時に入力すると登録時300円~500円分の
無料お買い物ポイントがもらえます。
是非お使いください!




Merukari関連の記事まとめ先


スマホアプリ系まとめ


category: スマホアプリ関連

thread: 生活・暮らしに役立つ情報

janre: ライフ

tag: メモ  新着情報  メルカリ  アプリ 
tb: 0   cm: 0
スマホアプリ関連」カテゴリの最新記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jutoafilieit.blog.fc2.com/tb.php/145-57044ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

各まとめページのリンク

まとめページ最終更新日

カテゴリ

最新記事

カウンター

▲ Pagetop